×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

◎未確認動物学

未確認動物学(みかくにんどうぶつがく、Cryptozoology)とは、存在が主張されていながら生物学的に確認されていない生物(未確認動物、いわゆる UMA)の科学的ないし科学的と称される研究のことである。


◎UMA

UMA(ユーマ)は、Unidentified Mysterious Animal(謎の「未確認動物」)の略。存在の可能性があるとされながら、生物学的に確認されていない未知の動物のことを言う。英語ではCryptozoologyなどと呼ぶ。現在では一般に知られているジャイアントパンダやローランドゴリラが生物学的に確認されたのは19世紀以降で、それ以前にはUMAだったとも言える。
天狗や河童のような妖怪の類や、小説などのために作者が作り出した存在は、通常は含まない。人魚、鬼、河童、龍のミイラは日本の江戸時代に見世物として、ほかの動物などを寄せ集めて多く作られた。
UMAはあくまで正式には確認されていない生物のことであり、目撃されていないUMAも数多くあると見られる。また、たびたびオカルトに分類されることもある。
UMAは世界中で目撃例があり、たびたび家畜や人間を襲う事件などもある。また、画像やビデオとして残されているものもある。目撃される場所が明確にわかっているUMA、たとえばネッシーなどは、目撃される場所が明確にネス湖とわかっているため、たびたびUMAの観光スポットとなることもある。
死骸や足跡、体の一部などが発見されていることもあり、その中の多くが確認されている動物との間違いであるが、中には何の動物かが不明のものもある(つまり、このような場合のときはUMAに分類される)。

◎深海魚

深海魚(しんかいぎょ)とは、深海に生息している魚類のことである。
深海を探査するのは常に困難が付きまとい、深海魚を観察することは難しい。そのため、深海魚の生態は不明な部分が多い。
最も深い場所から観察された魚類はヨミノアシロ。プエルトリコ海溝の水深8370mだった。
深海は暗闇(太陽の光が届かない)、高水圧、低酸素濃度、生物密度が少ないという環境である。そのため、深海に生息する魚類は、深海に適応するように特殊な形状になっている。それらは、深海に適応した理想的な形状であり、浅海に生息する魚類の形状とは大きく異なる。しかし、分類学的な観点からは特殊なグループに属する魚類ではない。
高水圧:浮き袋の中の空気は水圧の影響を受けやすい。そのため、高水圧に耐えるように「浮き袋」の内容物が、気体ではなくワックスなどになっている。または、「浮き袋」自体が退化し消滅している。
暗黒:周りの環境を光で認識するための目が退化している例もある。しかし、むしろ特別によく発達した眼を持つ例も多い。これは、発光生物が多いこととも関係しているかも知れない。
光で色を見分ける必要が無いため、体が退色化したり透明化。しかしこれも、むしろ黒っぽい暗色のものの方が多い。これは、眼の発達した深海魚が多いこととも結びついている。
なお、同様に暗黒条件下の洞穴生物の場合、圧倒的に白っぽくて眼の退化する例が多い。この点で深海魚とは対照的である。これは、洞穴に閉じこめられている洞穴生物とは異なり、深海魚の場合、浅い海域では常に上から光が入ること、浅海へ移動することもあり得ること、発光するものが多いこと(発光する洞穴生物はほとんどない)などによるのであろう。なお、発光そのものも、背景の光に対する隠蔽効果として発達したものも多いと考えられている。

『ウィキペディア(Wikipedia)』より

links ご当地キューピー&コスプレキューピーWEB情報局/ 夕暮れ時のかわら版/ドラ猫コテツのニュースな速報!/これなら稼げるパチンコ&パチスロ/しょなのミニミニ動物記 /みっき☆の日々ノート♪/きょんの不思議探検隊 /産後ダイエット/